プロフェッショナル人事を経営の味方に

「戦略総務」とは?能動的に生産性を上げるバックオフィスのあり方

NEW! 「戦略総務」とは?能動的に生産性を上げるバックオフィスのあり方

スタートアップやベンチャー企業においては、管理部門全体の担当として、人事担当者が総務の業務までカバーする場面も少

NEW! 人事不在の急成長スタートアップにおける採用を成功に導いたパラレルワーカーの取り組みとは

コーナーへのご依頼やお問い合わせはこちら。 スタートアップの拡大期(シリーズA~B)における採用活動は、一般的に

会社と個人のWillを重ねる「エンプロイーサクセス」の本質的な実践方法とは

複数社で働くことが少しずつ一般的になる中で、「個人の限られた時間やリソースを、いかに自社にコミットしてもらえるか

「ワークフォース・プランニング」で感覚的な経営から脱却し、戦略的に人員計画を立てる方法

「データドリブン経営」という言葉が一般的になってきている昨今。その波は人事業務においても同様で、「ワークフォース

【イベントレポート】経営・事業に貢献する最適なエンゲージント施策の効果測定/corner day vol.5

2020年4月に最初の緊急事態宣言を受け、半ば強制的にリモートワークへ移行した企業も多くありました。それから1年

人材育成術としての「メンタリング」。メンター・メンティー共に大きく成長する方法・手順

これまでも若手メンバーに対して先輩社員が手厚くフォローする形を取る企業はたくさんありました。そして最近では、若手

「FFS理論」により人や組織の可能性を引き出し、他社がマネできない強い組織土壌を作る方法

採用や組織開発において適性検査や性格診断が用いられることはありますが、最近「FFS理論」が人事の間で話題に上がる

「人的資本の情報開示」 の世界情勢と 「ISO 30414」出版に伴う 日本企業の対策と未来

「人的資本の情報開示」の世界情勢と「ISO 30414」出版に伴う日本企業の対策と未来

2018年12月に「ISO 30414」(社内外への人的資本レポーティングのガイドライン)が出版されました。その

スタートアップの「1人目採用」を最短ルートで成功させたパラレルワーカー活用事例

コーナーへのご依頼やお問い合わせはこちら。 スタートアップで1人目に採用するメンバーは、事業の方向性を決める上で

成長戦略を支えるスペシャリストを毎月採用!現場を巻き込み、短期間で成果を残せた理由

コーナーへのご依頼やお問い合わせはこちら。 VUCAの時代と言われ将来の予測や市場ニーズの変動が激しい今、新たな

「同一労働同一賃金」は“人材育成”に効く⁉︎ 中小企業が制度をうまく活用するポイントとは

2020年4月に大企業を対象に施行された「同一労働同一賃金」が、1年の猶予期間を経ていよいよ2021年4月より中

「スタートアップ採用」を限られた経営資源の中で進めるための採用戦略・手法

採用難易度が年々上がるマーケット感の中、スタートアップ企業から「思うように採用ができない」という声が多く聞かれま

変化の波を乗りこなし成果を導く力「キャリア・アダプタビリティ」の高め方

近年「終身雇用の崩壊」が進んできたことで、一人ひとりのキャリア自律の重要性が叫ばれるようになりました。そんな中「

VUCA時代の組織進化を支える「アジャイル人事」の実践方法

短い反復期間を設定し、小さな機能ごとにPDCAサイクルを回していく「アジャイル開発」という手法。近年は人事領域で

メンバーの「EQ(感情知性)」を向上させ、組織パフォーマンスを高める方法【後編】

「知能から知性の時代」へと変化していく中で、自分の感情も他者の感情も上手く扱うスキルは、IQ(知能指数)と並べて

メンバーの「EQ(感情知性)」を向上させ、組織パフォーマンスを高める方法【前編】

「感情を表に出さないことがビジネスパーソンにとって正しい」という考え方があるように、仕事において「感情」に目を向

「コンピテンシー」に基づく人材開発で組織のパフォーマンスを高める方法

「コンピテンシー」と聞くと、高い業績を残している社員(ハイ・パフォーマー)に共通する行動特性を探し出し、それを組

経営人事コンサルタントに聞いた「高年齢者雇用安定法」の改正ポイントと各企業への影響とは

「高年齢者雇用安定法」の改正法が2020年3月に可決・成立し、2021年4月に施行されました。「65歳までの雇用

「越境学習」の本質は葛藤にあり!?企業の人材育成に活かす上で抑えるべき本質とポイントとは

終身雇用が崩れ、キャリア自立をより求められる環境になったことから、ビジネスパーソン個人が職場以外に学びの場を求め

社外へ貢献することで、企業のファンを増やし続ける「コンカーアカデミー」の取り組みとは

複業・兼業の促進、プロボノ活動の増加、外部人材活用など、社内と社外の境目が溶け始める現在において、これまでの内向

自社理解も外部知見もある即戦力としての「アルムナイ採用」。導入・運用のポイント

企業の“卒業生”との関係性を離職・退職後も保っておくことで、一度退職したメンバーを再び雇用する「アルムナイ採用」

「ノーレイティング」導入は社員の成長のため。新たな評価制度から3年経ったフィードフォースのこれまで

社員をランク付けしない人事評価「ノーレイティング」。従来の年度単位の評価やランク付けでは昨今の目まぐるしい変化に

働きがいを生む「ジョブ・クラフティング」を企業に取り入れる方法とは

仕事に働きがいを求める人が増える中、「ジョブ・クラフティング」が近年注目を集めています。仕事を「やらされているも

経営戦略としての「ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)」とは

「ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)」という言葉を聞く機会も増え、所属組織で何らかの取り組みをさ

弁護士に聞いた「副業/兼業ガイドライン」の改訂背景と、人事が注意するべきポイント

副業/兼業ガイドラインの改訂が2020年9月になされました(策定は2018年1月)。その背景には「より企業人事が

なぜ女性管理職は増えないのか?現状と企業が陥りがちなポイント

2016年4月に「女性活躍推進法」が施行され、人材不足解消・ダイバーシティ推進・働き方改革などの重要なテーマとつ

加速する障がい者採用の現状と組織へのメリット

法定雇用率など法整備がされた後も、採用・雇用状況が順調とはまだまだ言えない、「障がい者採用」。「ダイバーシティ&

【イベントレポート】ハイブリットワーク時代における「採用後の早期戦力化」/corner day vol.4

2020年は、緊急事態宣言が4月に発令されたことを受け、各企業とも新入社員の受け入れ態勢の急激な変更を迫られた年

メンタルヘルス対策だけじゃない?今後さらに重要性が増す「EAP」とは

「EAP」とはEmployee Assistance Programの頭文字をとったもので「従業員支援プログラム

テレワーク・リモートワーク下でも機能する「BEI」による評価コミュニケーションとは

テレワーク・リモートワークへの急激な移行を受け、各社さまざまな対応を迫られている中、社員のケアやコミュニケーショ

Page 1 of 41234