人事のノウハウ

know-how

「労働条件明示ルール」が2024年4月1日に改正。そのポイントを解説します。

企業には労働条件の明示義務があり、その明示ルールは労働基準法15条で定められています。その「労働条件明示ルール」

2024.02.27

「グループコーチング」により組織課題へアプローチする方法とは

多様化する人材の力を引き出しパフォーマンスを高めることを目的に行う組織開発。その手法の1つとして「グループコーチ

2024.02.22

「内部通報制度」を活用して透明性のある組織運営を実現するためには

社内の問題や不正行為を専用窓口に通報できる「内部通報制度」。2022年6月に労働者数が300名を超える事業者に「

2024.02.20

「ピアフィードバック」が効果的な組織状況や場面を解説

相手の行動に対して評価・指摘を行うフィードバック。一般的には上司・先輩から部下・後輩に向けて行われることが多いも

2024.02.15

「短時間正社員制度」による組織影響と導入方法について解説

従来の日本では『正社員=フルタイム勤務』といったイメージが一般的で実際も大多数を占めていましたが、近年では必ずし

2024.02.08

「社外メンター」を活用して従業員・組織の双方に好影響を与える方法とは

若手社員への助言・指導を目的に、上司とは別の先輩社員がサポート役となるメンター制度。基本的には社内の先輩社員がメ

2024.02.06

「企業型DC(企業型確定拠出年金)」の概要と導入方法について解説します

企業が掛金を毎月積み立て(拠出)して、加入者である従業員が自ら年金資産の運用を行う「企業型DC(企業型確定拠出年

2024.01.30

「CoE(センターオブエクセレンス)」を導入し、人事業務の専門性・サービス品質を高めるためには

人事や管理部門の組織構成において耳にする機会が多い「センターオブエクセレンス(以下CoE)」。DX(デジタルトラ

2024.01.25

「キャリア面談」で従業員の主体性・自律性を引き出すためには

従業員のキャリアについて対話する「キャリア面談」。適切な人材配置を目的に企業(人事)主導で行われることが多いもの

2024.01.23

「フォルトライン」を活用してダイバーシティの推進・経営活性化させる方法とは

ダイバーシティについて語られる際、「フォルトライン」なる言葉を聞くことがあります。“断層線”と訳される理論ですが

2024.01.18

「2024年問題」で物流業界に何が起こる?影響と対策について学ぶ

物流業界における「2024年問題」についての報道や警鐘が鳴らされてしばらく経ちますが、いよいよその引き金となる働

2024.01.16

「アセスメントセンター」を活用して次世代のミドルマネジメントメンバーを発掘・育成する方法

管理職や次期管理職候補の方々の能力を把握したり開発をすることを目的に活用される「アセスメントセンター」。近年ミド

2024.01.11

「トータルリワード」お金以外の報酬でもモチベートする方法とは

従業員の労働の対価として企業から支払われる報酬。一般的に報酬と聞くと金銭的なものをイメージしますが、金銭以外の報

2023.12.21

「人材ポートフォリオ」を徹底解説!基本から応用、作成方法まで

人的資本経営が推進される中で「人材ポートフォリオ」に注目が集まっています。人材という貴重な資産をどのように把握し

2023.12.19

「労働組合」を理解し、人事としての役割と進め方を学ぶ

労働者が団結してストライキを起こし企業に抗議を行う──「労働組合」と聞くとその様な光景を思い浮かべる方も多いと思

2023.12.12

「セカンドハラスメント」の種類・発生原因・適切な対処方法を解説

さまざまなハラスメント問題が話題に挙がる中、ハラスメントの申告者がハラスメントを受けてしまう「セカンドハラスメン

2023.12.07

「従業員データ」の収集・管理の重要性と、そのメリット・注意点について解説

あらゆる人事施策をデータドリブンに進めるためにも、「従業員データ」の収集・管理は人事にとって非常に重要なミッショ

2023.11.30

「アサーティブコミュニケーション」の重要性と実践に向けた具体的な手法を学ぶ

ビジネスにおいてダイバーシティ(多様性)が尊重・推進される中、「アサーティブコミュニケーション」が注目を集めてい

2023.11.28

「エンゲージメントツール」の効果的な運用方法とは

『従業員のエンゲージメントを高めたい』と考えている人事担当者は多いはず。しかし実際にツールを導入しても思うように

2023.11.16

「連鎖退職」の発生要因を知り、その防止方法を事例と共に学ぶ

あることをきっかけに退職者が続いてしまう「連鎖退職」。組織としても大きな損失になるだけでなく、残った従業員の業務

2023.11.14

「エンゲージング・リーダー」を育成・輩出し、組織のエンゲージメントを高めるには

様々な観点でその重要性が認識されているエンゲージメント。これを高めていくためにはリーダーの存在や責任が大きいと言

2023.11.09

「ピアコーチング」で横のつながりを強め、組織パフォーマンスに結びつけていく方法とは

メンバー間など横のつながりで行う「ピアコーチング」。一般的な上司・部下間ではなく同僚間で対話を行い自己変革を促し

2023.11.07

「リフレクション(内省)」を組織全体に促す方法論とは

自身を客観的に振り返り、行動や状態を見直す「リフレクション(内省)」。自分自身の在り方について見直す姿勢や取り組

2023.11.02

「ケアハラスメント」に対する行政の動きと、予防・対処法について解説

高齢化で介護を必要とする方が年々増加していることを受け、介護と仕事の両立が組織・個人の課題となっています。その中

2023.10.31

「リテンションマネジメント」をから人事施策への好影響を伝播する方法とは

人材の自社での定着率を高め活躍し続けてもらうための取り組みである「リテンションマネジメント」。深刻な人材不足や採

2023.10.26

「異文化マネジメント」の本質は共通課題抽出と議論にあり。具体例とポイントを学ぶ

顧客や社内の同僚、協力会社などさまざまな国籍やバックグラウンドの方々と一緒に働くことが以前よりも増えてきており、

2023.10.24

「組織コミットメント」を高めるために知っておきたい、測定方法と読み解き方

従業員が企業にコミットメントしている状態を表す「組織コミットメント」。企業と従業員が長期的な関係を築く上で重要な

2023.10.19

「通年採用」がこれからのスタンダードに?行政の動きからメリット・デメリットまで解説

採用活動の時期や期間を限定せず、年間を通じて採用活動を行う「通年採用」。これまで主流だった新卒一括採用から「通年

2023.10.17

「IDGs」で持続可能なビジネスを実現するには

SDGs(Sustainable Development Goals)の次なるトレンドとして、昨年グローバルで生

2023.10.12

「タレント・エコシステム」で組織内外の人材と有機的に繋がる『三方よし』を実現するアプローチとは

組織内の従業員だけでなく、組織外の取引先・個人事業主・ギグワーカーも含めて有機的なネットワークとして考える「タレ

2023.10.05

「社内副業」を効果的に導入するために理解したい課題と対策

業務時間中に所属部署以外で働くことを認める「社内副業」。KDDI・サイバーエージェント・パナソニックなど、大手企

2023.10.03

「ステルス残業」の発生要因を理解し、未然に防ぐ方法

働き方改革や組織へのエンゲージメント向上、優秀な人材の確保などさまざまな面において残業削減を行っている企業がある

2023.09.28

「アシミレーション」で部下の本音を引き出し、組織内コミュニケーションを円滑にする方法

上司と部下の関係性をより良いものにする「アシミレーション」。組織開発の観点からも注目されている手法です。今回は、

2023.09.26

「シェアードサービス」で生産性を高めるには

グループ企業の基幹業務を集約させる「シェアードサービス」。人的資本の効率的な活用や、グループ全体の業務効率を上げ

2023.09.14

「ブレンディッドラーニング」を取り入れて研修効果を高めるには

国策としてリスキリング支援が行われるなど、変化に対応するための学習に注目が集まっています。その中で「ブレンディッ

2023.09.12

「ストライキ」の日本における現状と、予防・対処法について解説

海外ではよく従業員による「ストライキ」の影響で、公共交通機関が止まったり、サービス提供が滞るなどのニュースが話題

2023.09.07

「構造化面接」により組織の採用力を高める方法とは

応募者全員に同じ質問を投げかけ、あらかじめ定めた基準に従って回答を評価する面接スタイルである「構造化面接」。定量

2023.08.31

「アライシップ」を組織内で育み、DE&Iを推進するためには

DE&I(ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン)の取り組み推進に合わせて耳にする機会が増えた「ア

2023.08.24

「ワークシェアリング」で貴重な人的資本を活かす方法とは

仕事を分け合うことで1人あたりの負担を減らし、ひいては雇用を生み出すことを目的に行われることもある「ワークシェア

2023.08.22

「企業内大学」を立ち上げ、持続的な人材育成を実現する方法とは

社員の学ぶ場として企業が社内に設置する「企業内大学」。カリキュラムを自由に選択できるなど、自主的な学びを深める制

2023.08.17

「キャリアパス制度」を組織やカルチャーに合わせて作るには

従業員がキャリアを構築していく上で必要な基準や条件を定める「キャリアパス制度」。組織・人・カルチャーが違えば、「

2023.08.15

「レイオフ」を正しく理解するために知っておきたい世界動向と国内事例

一時解雇を意味する言葉の「レイオフ」。日本と比較すると海外では用いられることも多い取り組みですが、日本ではまだ実

2023.08.03

「組織サーベイ」の結果を組織開発に活かす進め方と方法論

従業員から組織に対しての評価や、おもてには見えにくい組織課題を抽出できる「組織サーベイ」。組織開発や人材開発にお

2023.07.27

「デジタル給与」が解禁。メリット・デメリットから国内動向まで解説。

2023年4月に解禁された「デジタル給与」。厚生労働省による指定資金移動業者の審査待ちのため2023年6月時点で

2023.07.25

「外部登用」をうまく活用して組織力を高めるためには

能力に秀でた人材を外部から採用する「外部登用」。近年よりその重要性が増していると言われるミドルマネジメント層など

2023.07.18

「ジョブディスクリプション」の導入・運用実態と事例について

職務内容を詳しく記述した文書である「ジョブディスクリプション」。近年では、ジョブ型雇用など「ジョブディスクリプシ

2023.07.13

「インテグリティ」を醸成してコンプライアンス経営を推進する方法とは

経営やマネジメントにおける重要な価値観の1つである「インテグリティ」。コンプライアンス経営の重要性が叫ばれるよう

2023.07.11

「内発的動機づけ」で自律的な組織を目指すには

金銭・名誉・地位など、人はさまざまな動機でモチベートされています。中でも「内発的動機づけ」は、人の内側から沸き上

2023.07.04

「ヴァルネラビリティ」を発揮して“弱さ”をマネジメントに活かす方法とは

リーダーと聞くと『常に自信を持っている強い人』をイメージする方も多いかもしれません。しかし、近年では“心の弱さ”

2023.06.29

「非生産的職務行動」を減らして、公正性ある組織を作るには

ハラスメントやいじめ、虚偽の報告など、組織や社員に悪い影響を及ぼす「非生産的職務行動」。組織内のこうした行動は、

2023.06.22

「時差出勤」ならではの強みを活かすためには

リモートワークやフレックスなど、昨今は柔軟な働き方も多く認められるようになってきました。勤務時間帯を通常のものか

2023.06.15

「30人の壁・50人の壁・100人の壁」を越える組織づくりとは

スタートアップやベンチャーなどにおいて組織規模の拡大時に直面する課題を「30人の壁・50人の壁・100人の壁」と

2023.06.08

「労務トラブル」を未然に防ぐ方法と起こってしまった際の対応策

人事の中の労務領域に関して、大企業では専門領域のチームや担当者がいるところもありますが、スタートアップ企業や中小

2023.06.06

「マネジメント研修」を事業・組織に合わせて設計するには

企業規模を拡大する際に必要となる管理者の育成や、組織活性化をもたらす「マネジメント研修」。事業や組織によって求め

2023.06.01

「社内起業 / 社内ベンチャー」の創出を推進することにより、企業・社員の双方に良い影響を及ぼす方法

企業内で生まれた新規事業を子会社化したり、事業部門として独立させたりする「社内起業 / 社内ベンチャー」。社員に

2023.05.30

「フリーランス保護新法」が成立。概要や対策など最新情報を解説します。

個人として独立して仕事を請け負う働き方をしているフリーランス。年々増加傾向にあるフリーランス人口を背景に、202

2023.05.25

「組織活性化」に導くための考え方と7つのステップ

限られた人材・リソースで最大限の成果を生み出すためには、いかに社員のエンゲージメントを高めて「組織活性化」を推進

2023.05.18

「サーベイフィードバック」を組織改善につなげるために知っておきたいポイントとは

私たちが、日々多くの企業様や人事担当者様と接している中でよくご相談をいただくのが、エンゲージメントサーベイ、モラ

2023.05.16

「アサーション」の浸透で組織内コミュニケーションを目指すには

対人コミュニケーションスキルの1つである「アサーション」。多様化が進む組織において、相手を尊重しながらも自分の意

2023.05.09

「70歳雇用」も遠い未来ではない? 高年齢者雇用安定法の改正ポイントとその対策を紹介

2021年4月に高年齢者雇用安定法が改正され、70歳までの就業機会確保が企業の努力義務となりました。近年、高年齢

2023.04.27

Page 1 of 41234