プロフェッショナル人事を経営の味方に

hiring-how-to人事のノウハウ

データドリブン人事

NEW! 「データドリブン人事(HR)」人事データを取得・活用して採用や配置に活かす方法とは

ビジネスなどで得られたあらゆるデータを総合的に分析し、意思決定の判断材料とする「データドリブン」。すでにいろいろ

オンライン化するだけではダメ。ニューノーマル時代の「オンラインインターンシップ」とは

就職活動のスタンダードとなっているインターンシップ。しかし、2020年からの新型コロナウイルスの影響やテクノロジ

Z世代の採用手法は違う?Z世代人事に聞く、採用やオンボーディングに活かす方法

世代を表す言葉はこれまでさまざまありましたが、最近ではX世代・Y世代・Z世代、という言葉を聞くことが増えたのでは

「ハイブリッド型人事制度」で、ジョブ型とメンバーシップ型の良いとこどり!具体的な導入方法とは?

これまで多くの日本企業が導入してきた、新卒一括採用・年功序列をベースとした「メンバーシップ型」雇用から、昨今のリ

注目される組織開発「ホラクラシー組織」。導入メリットや運営方法を人事が解説!

組織開発の文脈で聞くことが増えた「ホラクラシー組織」。従来の組織管理体制や経営手法に代わる新しい組織の1つとして

「目標管理制度」の運用うまくできてる?今だからこそ目標管理制度の見直すべき点とは?

今や多くの企業が導入している「目標管理制度」。しかしながら働き方の多様化や急激な就業環境変化の影響からか、その運

男性育休とは?改正育休法のポイントや、企業の導入事例を紹介

2021年6月に厚生労働省による「育児・介護休業法」の法改正が成立し、男性が育児休暇を取得しやすくなる制度が定め

「リバースメンタリング」とは。“立場逆転”で組織の硬直化を防ぎマネジメント力を高める方法。

社員の自主的・自律的な成長を促進するための取り組みに「メンタリング」があります。これは上司や先輩社員がメンター(

2021年改訂コーポレートガバナンス・コードを踏まえて、人事が具体的にとるべき対応とは?

2021年6月にコーポレートガバナンス・コードが改訂されました。今回の改訂では、取締役会が備えるべきスキルと実態

2021年改訂コーポレートガバナンス・コードのポイントと対象企業とは?

2021年6月にコーポレートガバナンス・コードが改訂されました。今回の改訂では、取締役会が備えるべきスキルと実態

グローバルで戦える企業へ。「高度外国人材」採用のメリットと活躍・定着へのポイントとは

優秀な人材を採用し働き続けてもらうことは、企業にとって非常に重要です。そのために、国内だけでなく海外在住者や外国

メンタルヘルスケア

リモートワーク環境下だからこそ重要なメンタルヘルスケア

コロナ禍の影響による在宅勤務の推進、働き方の多様化によるリモートワークやワーケーションの浸透など、この数年で働く

注目が高まる「ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン(DE&I、DEI)」

近年注目され、さまざまなところで聞くようになった「ダイバーシティ・エクイティ&インクルージョン(DE&I

「セールス・イネーブルメント」で営業の“個人商店化”を防ぎ、組織力を高める方法とは

営業組織の強化を目的に、アマゾン、セールスフォース、マイクロソフト、ツイッター、SAPなどの欧米企業が導入し注目

グローバル企業が多く導入する「職務等級制度」がハマる組織とハマらない組織

以前、このパラれるのメディアにて「等級制度」についての記事を掲載しました。 前回の記事はこちら「普遍性とフレキシ

コンディション変化を察知!「パルスサーベイ」を形骸化させず、エンゲージメント向上につなげる方法

昨今、従業員エンゲージメントの向上に取り組む企業が増え、それに伴い各種サーベイが導入されるようになりました。しか

高齢化でさらに増える 「介護離職」 を事前に防ぐ方法

介護離職を事前に防ぐ。高齢化でさらに増える未来に対応するには。

介護を理由に会社を退職する「介護離職」が今課題となっています。企業側としては貴重な中堅人材を失うことになるのはも

キャリアの多様化に対応する 「複線型人事制度」とは? メリット・デメリットと導入ステップ

キャリアの多様化に対応する「複線型人事制度」とは?メリット・デメリットと導入ステップ

多様な専門性をもった人材が組織に必要となり、統一された一つの人事制度では対応できなくなってきことを受け、複数のキ

「ビジネスレジリエンス」を高めて環境変化に強い組織づくりを行う方法

昨今の激しい環境変化を受け、「レジリエンス」という言葉を耳にする機会が増えました。一般的には「変化にうまく適応で

プロジェクトマネジメント力

次世代のプロ人事に欠かせない「プロジェクトマネジメント力」とは

「プロジェクトマネジメント」と聞くと、コンサルタントやエンジニアを連想する方も多いでしょう。しかし、最近では人事

オーセンティック・リーダーシップ

VUCA時代に求められる「オーセンティック・リーダーシップ」とは

時代の変遷と共に、求められるリーダー像は変化・多様化してきました。その中の1つに「オーセンティック・リーダーシッ

「フリーランスとして安心して働ける環境を整備するためのガイドライン」の策定背景と、企業・人事が注意するべきポイント

2021年3月26日に、内閣官房、公正取引委員会、中小企業庁、厚生労働省の連名で「フリーランスとして安心して働け

研修効果測定で研修から組織の成果へとつなげる方法。

人材育成や組織変革などを目的として、あらゆる企業で様々な研修が導入されています。しかしながら「どう効果測定すれば

戦略総務とは?能動的に生産性を上げるバックオフィスのあり方

スタートアップやベンチャー企業においては、管理部門全体の担当として、人事担当者が総務の業務までカバーする場面も少

会社と個人のWillを重ねる「エンプロイーサクセス」の本質的な実践方法とは

複数社で働くことが少しずつ一般的になる中で、「個人の限られた時間やリソースを、いかに自社にコミットしてもらえるか

「ワークフォース・プランニング」で感覚的な経営から脱却し、戦略的に人員計画を立てる方法

「データドリブン経営」という言葉が一般的になってきている昨今。その波は人事業務においても同様で、「ワークフォース

人材育成術としての「メンタリング」。メンター・メンティー共に大きく成長する方法・手順

これまでも若手メンバーに対して先輩社員が手厚くフォローする形を取る企業はたくさんありました。そして最近では、若手

「FFS理論」により人や組織の可能性を引き出し、他社がマネできない強い組織土壌を作る方法

採用や組織開発において適性検査や性格診断が用いられることはありますが、最近「FFS理論」が人事の間で話題に上がる

「同一労働同一賃金」は“人材育成”に効く⁉︎ 中小企業が制度をうまく活用するポイントとは

2020年4月に大企業を対象に施行された「同一労働同一賃金」が、1年の猶予期間を経ていよいよ2021年4月より中

スタートアップでの採用を限られた経営資源の中で進めるための採用戦略・手法

採用難易度が年々上がるマーケット感の中、スタートアップ企業から「思うように採用ができない」という声が多く聞かれま

変化の波を乗りこなし成果を導く力「キャリア・アダプタビリティ」の高め方

近年「終身雇用の崩壊」が進んできたことで、一人ひとりのキャリア自律の重要性が叫ばれるようになりました。そんな中「

VUCA時代の組織進化を支える「アジャイル人事」の実践方法

短い反復期間を設定し、小さな機能ごとにPDCAサイクルを回していく「アジャイル開発」という手法。近年は人事領域で

「コンピテンシー」に基づく人材開発で組織のパフォーマンスを高める方法

「コンピテンシー」と聞くと、高い業績を残している社員(ハイ・パフォーマー)に共通する行動特性を探し出し、それを組

2021年4月施行「高年齢者雇用安定法」の改正ポイントと、企業における努力義務などの具体的内容とは

「高年齢者雇用安定法」の改正法が2021年4月に施行されました。「65歳までの雇用確保」からさらに一歩進み、「7

自社理解も外部知見もある即戦力としての「アルムナイ採用」。導入・運用のポイント

企業の“卒業生”との関係性を離職・退職後も保っておくことで、一度退職したメンバーを再び雇用する「アルムナイ採用」

「ノーレイティング」導入は社員の成長のため。新たな評価制度から3年経ったフィードフォースのこれまで

社員をランク付けしない人事評価「ノーレイティング」。従来の年度単位の評価やランク付けでは昨今の目まぐるしい変化に

ジョブ・クラフティングを企業で実践し、社員の働きがいを高める方法とは

仕事に働きがいを求める人が増える中、「ジョブ・クラフティング」が近年注目を集めています。仕事を「やらされているも

経営戦略としての「ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)」とは

「ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)」という言葉を聞く機会も増え、所属組織で何らかの取り組みをさ

弁護士に聞いた「副業/兼業ガイドライン」の改訂背景と、人事が注意するべきポイント

副業/兼業ガイドラインの改訂が2020年9月になされました(策定は2018年1月)。その背景には「より企業人事が

なぜ女性管理職は増えないのか?現状と企業が陥りがちなポイント

2016年4月に「女性活躍推進法」が施行され、人材不足解消・ダイバーシティ推進・働き方改革などの重要なテーマとつ

「EAP(従業員支援プログラム)」とは?定義・目的から実践方法まで解説。

「EAP」とはEmployee Assistance Programの頭文字をとったもので「従業員支援プログラム

テレワーク・リモートワーク下でも機能する「BEI」による評価コミュニケーションとは

テレワーク・リモートワークへの急激な移行を受け、各社さまざまな対応を迫られている中、社員のケアやコミュニケーショ

とりあえずでは続かない「採用オウンドメディア」の立ち上げ方

採用手法の1つとして「採用オウンドメディア」を立ち上げる企業が増えてきています。しかし、いざ自社でメディアを作ろ

人事部に求められる役割・機能とは

採用や労務管理など、一般的には「経営層」というよりも「社員」に近しいポジションイメージがある人事部。しかし近年で

企業に求められ続ける人事のキャリア形成のポイントとは

昨今、ジョブ型雇用への転換や副業解禁のニュースが増えているように、企業と個人の関係性が大きく変わってきています。

等級制度のつくり方。普遍性とフレキシブルさを持ち合わせた設計とは?

人事制度全体の骨格とも言える「等級制度」。ここが明確であればあるほど、社員はキャリアイメージを描きやすくなり、企

オンライン環境下における「組織学習」とは

「主要事業は順調に伸びてきているが、第二の事業が上手く立ち上がっていかない」「企業規模が拡大してきて、より自律的

メンター制度を導入するべき組織と、その導入方法

雇用形態の多様化や流動化が進むなど企業や労働者を取り巻く環境が変容し続けている近年、若手社員の早期離職が問題にな

ハイブリッドワークとは?リモートワークの先に生まれた組織の生産性を上げる方法

新型コロナウイルスの影響で導入が急ピッチに進んだリモートワーク。昨年度の緊急事態宣言が明けてからは、リモートワー

VUCA時代のマネジメントに「コーチング」を活かす方法

近年、「コーチング」を導入する企業が増えてきました。これまでも経営者や幹部メンバー向けにコーチをつけて目標達成や

実施前の設計が成否を分ける、「360度評価」の具体的な進め方

これまで上司が部下を評価する形の人事評価制度が一般的でしたが、昨今では「360度評価(360度サーベイ・多面評価

難しいエンジニア採用、結局どうすればいい?エンジニア採用成功のための方法

「ITエンジニアの採用は難しい」 実際に求人倍率が高まり続ける中、あらゆる採用ツールを使っても狙った層からの応募

社員の能力を最大限引き出す、オンライン/オフラインでの階層別研修の在り方

「新入社員研修」や「管理職研修」など多くの企業で導入されている階層別研修ですが、本来の目的やメリット・デメリット

リファレンスチェックは違法?合法?人事が知っておくべきリファレンスチェック実施のポイントとは

外資系企業では当たり前のように実施されてきたリファレンスチェック。日本でも早期離職やミスマッチを防ぐ方法として徐

戦略的タレントマネジメントとは?決して「従業員を管理する」だけの手法ではない。

従業員の持つ能力(タレント)に着目し、戦略的な人材配置や育成などを行う人事マネジメントを総称して「タレントマネジ

CXO採用にはコツがある?CXO人材への正しいアプローチ方法

CXO(Chief X Officer)は「Chief=組織の責任者」+「X=業務・機能」+「Officer=執

何人のチームが一番上手く機能する?人事が知っておくべき「適正人数」の考え方

マネージャー(上司)が直接管理できる人数を定義する考え方を「スパン・オブ・コントロール」と言います。 米Amaz

noteを活用した採用広報とは?「note pro」と個人noteの実践的な使い方。

採用広報と言えば一昔前まではHPが一般的でしたが、最近ではnoteやWantedlyなどSNSを活用して発信を行

組織力を決定づける「組織文化」の正体とは

組織文化の研究組織であるKatzenbach Center(カッツェンバック・センター)が2017~2018年に

ミッション・ビジョン・バリュー(MVV)とは

ミッション・ビジョン・バリュー(MVV)とは?作り方と効果の具体例

皆さんは、ミッション・ビジョン・バリュー(MVV)と聞いて何を思い浮かべますか?「うちの会社にもあるけど、誰も覚

Page 1 of 212